漢方薬は煎じて飲むのが一番効果的です。
タキザワ漢方廠は、皆様が毎日手軽に飲めるように、
「ティーバッグ式漢方煎薬」を開発いたしました。
土瓶・土鍋・マグカップ・湯呑など、 日常手の届くところにある食器を使い、
手間暇をかけることなくお使いいただけます。

生活習慣

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

体力中等度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のあるものの次の諸症:鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔、血の道症、めまい、動悸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎

七物降下湯(しちもつこうかとう)

体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)

大柴胡湯(だいさいことう)

体力が充実して、脇腹からみぞちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの次の諸症:胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症

釣藤散(ちょうとうさん)

体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの次の諸症:慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるもの

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

体力中等度以下で、胃腸が弱く下肢が冷えるものの次の諸症:頭痛、頭重、立ちくらみ、めまい、蓄膿症(副鼻腔炎)

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

体力中等度以上で、熱感と口渇が強いものの次の諸症:のどの渇き、ほてり、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ

防風通聖散料(ぼうふうつうしょうさんりょう)

体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症

※表示はすべて消費税別の価格です。