漢方薬は煎じて飲むのが一番効果的です。
タキザワ漢方廠は、皆様が毎日手軽に飲めるように、
「ティーバッグ式漢方煎薬」を開発いたしました。
土瓶・土鍋・マグカップ・湯呑など、 日常手の届くところにある食器を使い、
手間暇をかけることなくお使いいただけます。

気管支炎・ぜんそく・蓄膿症・かぜの諸症状・扁桃周囲炎

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

比較的体力があるものの次の諸症:鼻づまり、蓄膿症(副鼻腔炎)、慢性鼻炎

葛根湯(かっこんとう)

体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

桔梗湯(ききょうとう)

体力に関わらず使用でき、のどがはれて痛み、ときにせきがでるものの次の諸症:扁桃炎、扁桃周囲炎

駆風解毒湯(くふうげどくとう)

体力に関わらず使用でき、のどがはれて痛むものの次の諸症:扁桃炎、扁桃周囲炎

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

体力中等度以上で、皮膚の色が浅黒く、ときに手足の裏に脂汗をかきやすく腹壁が緊張しているものの次の諸症:蓄膿症(副鼻腔炎)、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび

柴朴湯(さいぼくとう)

体力中等度で、気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、かぜをひきやすく、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴うものの次の諸症:小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、せき、不安神経症、虚弱体質

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

体力中等度以上で、濃い鼻汁が出て、ときに熱感を伴うものの次の諸症:鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

体力中等度以下で、たんが切れにくく、ときに強くせきこみ、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症:からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、咽頭炎、しわがれ声

麻黄湯(まおうとう)

体力充実して、かぜのひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、せきが出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの次の諸症:感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまり(使用上の注意:身体虚弱の人は使用しないこと)

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

体力中等度以上で、せきが出て、ときにのどが渇くものの次の諸症:せき、小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、感冒、痔の痛み

※表示はすべて消費税別の価格です。